FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了記録7月

2011.08.31 *Wed
ふふ、明日から9月、というこの時期に先月のまとめなどしております。

今年の夏は色んな意味で暑かったです。
数年ぶりに、夏の関西のイベントにも遊びに行きました。
薄くて高い本も何冊か買ってしまいました。

虎と兎に魅了されています....

そんな私の読了記録。興味を持たれましたら、どうぞ...
2011年7月の読書メーター
読んだ本の数:68冊
読んだページ数:7927ページ
ナイス数:123ナイス

■柔らかな憂鬱 (花音コミックス)
紺色さんのこの絵の雰囲気がすごく好き。少し重かったり悲しかったりする話でも、するるんと読めてしまう。特に今回は、収録作がすべて不思議を含んだ世界なので、どこか現実離れしたふんわりと艶っぽい絵とマッチしていた気がする。
読了日:07月31日 著者:紺色ルナ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12548312

■クロスオーバー・ラブ (花音コミックス)
カバー下に大笑い。そうか、名前もなかったんだ…!
読了日:07月31日 著者:葛井美鳥
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12548242

■コイシラズ YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
新刊だけど、中身は昭和。でも、それがひどく懐かしかった。そして、読んでから知った、映画「キャバレー」の主人公とこの話の主人公が同一人物、にかなり驚いた…
読了日:07月31日 著者:定広美香
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12547765

■八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第5巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:07月31日 著者:あべ 美幸
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048546635

■八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:07月31日 著者:あべ 美幸
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048546627

■黒執事(12) (Gファンタジーコミックス)
新展開よりも、今までちょっと要らないかもとか思っていたリジーが本当は格好良かったことと、おかしな死神が二人…いや、二神(?)に増えたことの方に気持ちが~(笑)
読了日:07月31日 著者:枢 やな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12547519

■シンプル・デイズ (キャラコミックス)
読んでる分には好きだし面白いけど、実際に朝陽みたいなのが近くにいたら、かなりうざい気がする。あと、最初の幽霊はどうなっちゃったんだろう。ちょっと気になる。
読了日:07月31日 著者:宮本佳野
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12547404

■犠牲獣 (ビーボーイノベルズ)
王としての孤独を抱きながら突き進む男と、その男に国も両親も王族としての誇りまでもを取り上げられた男。その二人がギリギリのところで互いに見出した何かと想い....いかにも、桑原先生の本だと思いました。多分賛否は別れると思うけど、どこか惹かれる話だと思いました。
読了日:07月28日 著者:桑原水菜
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12482013

■マギ 9 (少年サンデーコミックス)
あちらこちらで面白いと聞いて、一気に読みました。うわー!噂に違わず面白かった。次の展開を思ってドキドキ、ワクワクが止まりませんでした。この後はどうなるのか、そしてまだ明かされていないいくつもの扉は、いつ開くのか。...先が楽しみです。
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12481999

■マギ 8 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091228534

■マギ 7 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091227708

■マギ 6 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091226299

■マギ 5 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091225276

■マギ 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091223362

■マギ 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091221963

■マギ 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091220649

■マギ 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月28日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091220630

■3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
怒濤の6巻だった気がする。ひなも零も二階堂も。…周りの想いがどれだけあろうとも、真実には一人じゃないことに力を貰えても、闘うときは一人。その背中にどれだけの重さを背負っているのか。重圧は計り知れず、悲しみの底も見えない。それでも、明日はくる。いや、来てほしい。祈るような気持ちでそう思った。
読了日:07月28日 著者:羽海野チカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12481758

■ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)
読了日:07月28日 著者:椎橋 寛
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088702662

■GIANT KILLING(20) (モーニングKC)
読了日:07月28日 著者:ツジトモ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063870235

■こもりのもり (GUSH COMICS)
読了日:07月28日 著者:黒木 えぬこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796401938

■神とペン (F-BOOK comics)
表紙絵に惹かれて読み始めたけど、途中でなんどか、BLというよりも青年誌を読んでるような錯覚にとらわれそうになった。私は結構平気に読んでしまったが、それでもやっぱり読み疲れるような感じもあり、たぶん、賛否分かれるだろうな……
読了日:07月28日 著者:柳沢 ゆきお
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12481702

■ちょっと甘くて意地悪で (ダリア文庫)
初読み作家さん。破綻もないし、読みやすい文章だし、後半慌てた気はするけどそつなくまとまっている感じ。惜しむらくは、インパクトの無さかも。どこかにもう一捻りあれば……
読了日:07月28日 著者:兎月 ゆあ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12481638

■鬼に嫁げば (プリズム文庫)
読了日:07月28日 著者:高将にぐん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4775517317

■星を泳ぐサカナ (ダリア文庫)
読了日:07月28日 著者:朝丘 戻
http://book.akahoshitakuya.com/b/4861345065

■少年ノート(1) (モーニングKC)
読了日:07月20日 著者:鎌谷 悠希
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063870197

■その親友と、恋人と。 (ディアプラス文庫)
タイトルから、親友からその恋人を奪う話なのかと思ったけど、違ってました。いい意味で、もっと捏ねられてました。考えてみれば、こういう話の運び方は初めて?……かも。途中、胸に詰まるところもあり、反対にリサちゃんにツッコミを入れたところもあり、面白かったです。
読了日:07月20日 著者:渡海 奈穂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12338589

■ラブストーリーまであとどのくらい? (幻冬舎ルチル文庫)
表紙通り、可愛くてさらっと読める話でした。まじめだけど(ちょっと)ずれてる森尾が可愛かったです。なんだかんだで結構小悪魔だったし。
読了日:07月20日 著者:砂原 糖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12338579

■愛人関係 (SHYノベルス267)
シリーズですか?…うーん、この重さで次回(いやもっと何回も?)を待つのはキツイかも。話的には韓流ドラマとかメロドラマみたいなグルグルドロドロ路線なのかと。そして、ツッコミどころも満載だったり。もしかしたらものすごい超大作になる可能性もあるとは思うんですが……ごめんなさい。現段階では微妙です。
読了日:07月11日 著者:椎崎 夕
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189982

■ハートのトートロジー (カンナコミックス)
告白された時は恋心なんてなかったはずなのに。気がつけば全てを忘れてしまった相手に惹かれていく。恋の不思議さと絵の雰囲気があっていると思う。
読了日:07月11日 著者:カシオ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189866

■BLACK SUN奴隷王 2 (ミリオンコミックス Hertz Series 101)
もう少し話が広がるる、いや、もつれるのかと思った…。ちゃんと終わって嬉しいのに、でも、なんだかもの足らない気も…ワガママですか?
読了日:07月11日 著者:小笠原 宇紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189804

■白耀あやかし語り(キャラコミックス)
時代と言い、半獣と言い、絵的にツボだった♪
読了日:07月11日 著者:一城れもん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189742

■その目で見るな (リンクスロマンス)
どんなにキレイでもこんなうざったい恋人は欲しくないなぁ……
読了日:07月11日 著者:可南 さらさ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189658

■誘眠ドロップ (ガッシュ文庫)
もう、マジ他人を排除して二人だけの世界で依存しあってる感じなのに、キャラがほんわかしてるからでしょうか。どこまでも可愛い話しでした。
読了日:07月11日 著者:崎谷 はるひ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12189399

■王子、池袋系。 (ビーボーイコミックス)
王子。たしかにキラキラしてるけど、王子というよりは不思議くんだった気が...
読了日:07月10日 著者:サクラ サクヤ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12170094

■まいはに! (GUSH COMICS)
学園モノらしく、明るくて可愛い話。最終的に泣いてるだけのキャラがでないのも好き。...なにより、桑原先生のすっきりしているのに繊細さを思わせるきれいな線が好き。読んだ後ほわほわとした気持ちになれます。
読了日:07月10日 著者:桑原 祐子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12169927

■秒速ゼロマイル (ミリオンコミックス Hertz Series 103)
太一の気持ちがゆっくり座間に傾いていくのはよくわかるんだけど、座間は太一のどこに惹かれたのか?...最初は庇護欲みたいなものだったのが、食っちゃったら思いの外良かった?そのあたりがなんとなくすっきりしない。全体の流れとか絵の雰囲気はすごく好きだと思うから、余計に思う。
読了日:07月10日 著者:元 ハルヒラ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12169670

■アダルトティーチャーはお好き? (ビーボーイコミックス)
読了日:07月10日 著者:相音きう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862639895

■お伽もよう綾にしき ふたたび 2 (花とゆめCOMICS)
あれ、ここで終わりですか?青藻が可愛くて好きだったのに...
読了日:07月10日 著者:ひかわ きょうこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12166383

■夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)
いつも思うんだけど、どうして、健気だったり、可愛いかったりする妖かしが多いんだろう(ニャンコ先生除く・笑)
読了日:07月10日 著者:緑川 ゆき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12166291

■高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)
すっかり残念な人になっちゃったハルくんの優しさが、久留里をささえてるんだよー!と、一応いってみる。 そしてなにより、お弁当って小宇宙だと思う。
読了日:07月10日 著者:柳原望
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12166181

■高杉さん家のおべんとう 1
読了日:07月10日 著者:柳原 望
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840129665

■可愛いアナタに甘い罠 (ビーボーイコミックス)
宇宙人の話し可愛かった。そして、刑務所の話は重かった。彼らはどこまで行くんだろう...
読了日:07月10日 著者:本庄 りえ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12166048

■どっちもどっち (GUSH COMICS)
攻め×攻め?とか、もしかしたら、攻め受け逆なのか?とか思いつつ、情けない攻めとつんな受けが面白かったです。チョーっと違う方面にも妄想しました(爆)
読了日:07月10日 著者:柊 のぞむ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12165891

■親友以上 (SHYノベルス)
初読みの作家さん、と思ったら、これがデビュー作なんですね。その割には読みやすかった気がします。ただ、幼馴染もの、再会、すれ違い。その上攻ツン攻めのどこか小動物系受け...萌えるシチュエーションはテンコ盛りだったはずなのに、いまいち萌えテンションは上がらなくて。そこが少し残念でした。あと、最後までよくわからなかったリク。彼はけっきょくどうなったのかな?
読了日:07月10日 著者:野坂 花流
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12165616

■他人じゃないけれど (キャラ文庫)
篤史の誰にも言えない不安定さが胸に痛かった。忍の影なる努力にくすっとしたし、想いの深さにホロリときた。問題は…久代か?もっとたくさんの言葉を篤史にかけていたら篤史はもう少し楽でいられたし、もっと早くに久代に対する気持ちが恋とは違うとわかっていたはず。うーん、優しいだけじゃだめだよ、パパ!
読了日:07月05日 著者:樋口美沙緒
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12063677

■業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫)
このシリーズの、いく先が見えません(笑)続刊が出る度に驚きの方向に…と言うか、想像の上をいってくれるんですが、まさか、ここに来ての記憶喪失とは…。この父に厚顔な愛人、その上、まだまだ何かをしてくれる期待いっぱいの妹もいるし、姉を鬱陶しいと思いつつ甘えている愛人の妹もいるし。うーん、次は何が起きる、否、誰がぶちかましてくれるんでしょう。もう、BLとかはすっ飛ばして楽しみです。
読了日:07月04日 著者:吉原理恵子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12057309

■おーちゃんとちーちゃん (二見書房 シャレード文庫)
トンキワ設定に釣られて読みましたが、思いの外丁寧に描かれている部分もあって、楽しかったです。ただ、視点が頻繁に入れ替わるので、時折とまどうところもあったのが、惜しかったです。
読了日:07月03日 著者:chi-co
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12040453

■結晶物語 (3) (ウィングス・コミックス)
原作を読んだのはもうずっと前なので、細かいコトは忘れているけれど、原作の雰囲気通りの絵になっていると思います。凍夜さえ怖いけど、どこか可愛い。しかし、嘘をつくのは人だけなんだ…
読了日:07月03日 著者:前田 とも
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12040277

■背徳のマリア〈下〉 (ガッシュ文庫)
穏やかで楽しい結末があるとは思っていなかったけれど、それでも、最後は涙腺崩壊でした。彰にとって圭介は、狂おしいまでの愛情の向かう先でしかなかったのか?何故、圭介の想いを信じることができなかったのか?色々考えました。歪めてしまった自分でしか圭介を振り向かせられなかったことが、重かったのかとも思います。だから、もし。もし彰がもっと早くに、自分自身を作り変える前に圭介に想いを伝えられていたら、と思わずにはいられない。少なくとも彰は彰のままの時間を過ごせた気がするのに、と。でも彰はやっと幸せになれたのかな…
読了日:07月03日 著者:綺月 陣
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12022494

■お気に召すまま (バーズコミックス リンクスコレクション)
読了日:07月03日 著者:鷹丘 モトナリ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344822501

■寡黙な珈琲 臆病な胡桃 (ショコラコミックス)
大人の男の可愛さを堪能させて頂きました。・・・焦れったいほどゆるやかな速度で進む恋、ってのも新鮮でした。
読了日:07月03日 著者:砂河 深紅
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12022294

■運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)
言葉にしたら「好き」としか言えない感情なのに、その『好き』には色々な好きがあるし、ちょっとしたタイミングで感情の行方も微妙に変わる。もし加賀谷がいなかったら、国富と岡田の関係は違っていたのかもしれない。でも、結局変わらなかったのかもしれない。恋愛の本質ってそんな不確かなものかも。
読了日:07月03日 著者:館野 とお子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12022118

■サークル     (バンブーコミックス 麗人セレクション)
直野さん、絵が少し変わってきた?
読了日:07月03日 著者:直野 儚羅
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12022095

■僕は劣情に身を焦がす (バーズコミックス リンクスコレクション)
なんでもできる攻めの笑顔がホラーレベル!に噴きました(笑)
読了日:07月03日 著者:上川 きち
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12022061

■また会いに行く (ドラコミックス)
長い時間をかけて育つ恋の話は珍しくないと思うけど、最後の展開には唖然とした。いや、養子ですか...。つか、婿をとれって...
読了日:07月03日 著者:あおいれびん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021974

■あまのじゃくの恋 (バーズコミックス ルチルコレクション)
絵は好きなんだけど。今回、ちょっと微妙。あまのじゃくの恋、のタイトル通りの話が何本もつまっているけど、たまに読む天邪鬼は可愛くても、たくさんだと辛いかも...
読了日:07月03日 著者:イシノ アヤ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021869

■Voice or Noise 4(キャラコミックス)
イサドアって.....周りに本当にこんな人がいたら、すっごい迷惑だろうな。しかしナルナルはどうなっちゃうんだ?展開の遅さが辛いー
読了日:07月03日 著者:円陣闇丸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021810

■目障りな男 (Dariaコミックス)
短編全部、面白かったです。続きが気になる(否、続きを描いてほしい)話も...。絵の雰囲気も全作かなり好みなんですが、なかでも一坪楽園の直士。時折、胸ドッキュンなコマが!楽しかったです。
読了日:07月03日 著者:ミズノ 内木
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021637

■羞恥心を忘れずに! (花音コミックス)
可愛い絵につられて読んでみましたが、エロ満載で、ビックリ(*_*)
読了日:07月03日 著者:魚ともみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021560

■三月某日、クマを拾った     (バンブーコミックス 麗人セレクション)
表紙のラブリーなくまに勘違い。可愛い話しではなく中は少々ヘビーだった。でも表題作じゃないほうのハルナツシリーズは続くのかな?結構気になってる。
読了日:07月03日 著者:高緒 拾
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021445

■10-4(テンフォー) 1 (Gファンタジーコミックス)
テンポの良いアクションもの。登場するのはイケメンばかりで、その上主人公にはブラコンの弟あり。いろんな意味で美味しい気がする。とりあえず1巻を買ってみたけど、続刊も読みたいwww
読了日:07月03日 著者:葉芝 真己
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12021309

■八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
猿神よりも九重のほうが全然怖い...
読了日:07月02日 著者:あべ 美幸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12020471

■SUPER LOVERS 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
問題があるのは、情緒未開花の零ではなく兄ちゃん達のほうだったのか...。しかし、零かわいい。可愛いから、焦れ焦れした展開でも気にならない(笑)
読了日:07月02日 著者:あべ 美幸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12020372

■コイノヒ (CITRON COMICS)
最初の「婚前旅行」で、頭を殴られたような感じになったが、その後の短編で少しだけ楽に息ができるようになり、表題作で不思議な世界を見ているような気持ちになった。......多分、私は作者の思いの半分も理解出来ていないと思う。でも、だからこそ気になる。次回作も読んでみたいと思うし、この話をもっと深く読み込んでみたい気もする。
読了日:07月02日 著者:糸井 のぞ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12020149

■見栄張りあってすれ違い (カンナコミックス)
表題作とそれに関連するシリーズ。思ったより全然楽しかった。きつい話ではなく力を抜いてクスリと笑える話なので、夏向きかも。...この暑いのに眉間にシワ寄せる話は、よほど好きな話じゃなくちゃ読みづらい。
読了日:07月02日 著者:ゆくえ萌葱
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12019982

■グッドモーニング (ミリオンコミックス Hertz Series 102)
表題作のシリーズ。篠原は林のどこが良かったのか、途中真剣に悩みそうになった。見た目と違って諦め悪すぎの上にお子ちゃますぎ...。ってことで、今回私的には、メロンパンの話しのほうが好きかも。同じようにワガママお子さま攻めだったけど、倉木のほうがかわいげがある。第一受けがメガネ君だし...ただのメガネ好きーか?
読了日:07月02日 著者:夏水 りつ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12019791

■FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)
ジェフリーとナイジェルの友情を超えた熱い何かに胸を熱くしながら、その反面で、女王といえども好き勝手に裁定ができない国のあり方、法のあり方と守り方に考えさせられたりだったが、最後の最後に戻ってきた海斗が全てだった。これで役者は揃った。舞台は進みつつある。次は、きっと。きっと、ジェフリー奪還だよね。そして、その先は...
読了日:07月02日 著者:松岡 なつき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12019532


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


ABOUT THIS BLOG

このブログは、管理人・游の購入本リストの色合いが強いため、感想はほとんど全て「続きを読む」からの入力となります。…「続きを読む」があれば感想は必ずあります。 もちろん、リンクフリーですが、出来ればご一報下さい。 尚、このブログは、時折、パッタリと更新が途絶えます。お許し下さい。 m(_ _)m



プロフィール

游(ゆう)

Author:游(ゆう)
今は無き「青磁ビブロス」が出していた、雑誌化される前の「b-boy」の記念すべき第1巻から読んでいる、筋金入り腐女子です。
食べることが大好きで、タベログ系のブログ のほほ~んとネコな日々 もあります。游の日常をお知りになりたい方は、どうぞこちらへ♪(…そんな人居ない?)
*Twitter始めました。fukufukunekoで呟いてます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリ



リンク  v(*'-^*)v♪

(リンクさせて頂いた順に並んでます)

このブログをリンクに追加する



Yuu's List

游の所持する、もしくは一時は所持した書籍のリストです。 重複外防止のために作ったデータですので、この2年くらいの間に手放したものもあるし、今はpdfにしちゃったものも含んでます。 (外部HPに飛びます.ご注意下さい)



最近読んだ本

フラフラとネットを渡り歩いていたら、読書メーターなるものを発見。面白そうなのでお試し運用中!

游の最近読んだ本



FC2カウンター



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 同じ本は何冊も要らない… All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。