FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了記録4月

2010.05.05 *Wed
もう、何も言うことがない感じです....
先月の更新はとうとう「1」。
なんのことはない、読書メーターのまとめだけでした......情けない。

理由はわかっています。

まず、読書メーター。
ほんの少しの感想でも書けばそれなりに満足してしまうから、余程揺さぶられるような話とかじゃないと記事として書くのを躊躇ってしまう。
それどころか、書こうとして途中までは書いても、グチャグチャとつつき回したあげく、結局書かず終いな記事が結構あるのは、最終的に「まあ、ブログでわざわざ取り上げなくても、読メには付けたからいいか...」と流されてしまうから。

そして、twitter。
ブログで感想をあげるとき、(私としては)一義には自分自身の抱いた感情のはけ口だと思うのですが、二義的には自分が書くことで人の書いたものも読むし、拍手とかコメントとか貰ったり訪問者様の顔ぶれを見たりするだけで、どこか他者の思いを量るとか、情報収集のような部分があると思うのです。
それが、twitterで「これが面白かった!」とか「これは×」とかのツィートが流れると、その反応が結構ダイレクトに判ります。「私はこう思ったけど、他の人はそうじゃなかったんだ」とか「こんな見方もあるのか」とか、反応が早いから面白いし、オンタイムで自分が絡んでなくても後から色々な方の呟きの流れを見るだけでも面白くて。
ついつい、遡れるだけTL(タイムライン)を遡ってしまい読むだけで膨大な時間を費やしてしまったりもします。
そして、一日に使える時間は有限なわけで、本を読むこと自体が止められなければ、ブログに割く時間を削るしかないのが現状・・・です。

もういっそブログの構造自体を変えようとも思いますが、それはそれで、今ひとつ踏ん切りがつかなくて。
どうするべきなのか、何か良い方法がないのか。
もう暫く考えたいと思います。

.......なんとなく暗くなってしまいましたが、取り敢えず、今月読んだ本、行きます。

010年4月の読書メーター
読んだ本の数:59冊
読んだページ数:7787ページ

■恋人はバカ ‾ 理系彼氏のしつけ方 ‾ (二見書房 シャレード文庫 く 1-3)
うーん。面白いと言えば面白いんだ…でも、私も理系育ちだから、余りに世渡りできないバカわんこにはちょっと抵抗が。周りの理系男子はけっこう世渡り上手も多かったよ、本当だからね…
読了日:04月30日 著者:楠田 雅紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5948435

■椿の下で (ルナノベルズ)
この受けはヒステリックな女の子(女性じゃなくて、女の子)みたいな印象。攻めはどヘタレなくせに我慢が利かない。ある意味、勝手にやってれば?なはた迷惑なカップル…。私的に、火崎さんは概ね外れのない作家さんだけど、ちょっと…。
読了日:04月30日 著者:火崎 勇
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5948335

■恋ごころ (ショコラノベルス)
それなりに読めるんだけど、途中で投げたりもしなかったんだけど(ちょっと、落としそうに放ったけど)。せっかくの伏線というか設定が生かされてない感じ。覆面作家やらマスコミやら特ダネやら・・・もったいない。
読了日:04月27日 著者:愛甲 さゆな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5886856

■のだめカンタービレ(24) (KC KISS)
番外編って、一冊じゃないんだ......楽しいからいいけど、ドコまで続くんだろう
読了日:04月26日 著者:二ノ宮 知子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5886837

■ACID TOWN 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
なんだか、どんどん話が辛くなっていく…救いはくるのか?
読了日:04月26日 著者:九號
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5876994

■朝帰りのジンジャーシロップ (幻冬舎ルチル文庫)
派手じゃない淡々とした話も好きだし、坂井さんはかなり読んでいる作家さんなんだけど、正直、この話は怠い。続編などと言わずにもう少し厚くして、要らなさそうな中間(スィーツ食べてるだけ)を削った方が良かったのでは?挿絵は可愛らしくて良かったです。
読了日:04月26日 著者:坂井 朱生
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5876957

■是―ZE― ファンブック
読了日:04月26日 著者:志水 ゆき
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403650457

■さよならチキン (バーズコミックス リンクスコレクション)
初めて手にした作家さんで、絵はまだ不安定だし、読んでいて解り辛いところもあったりするけど、それ以上に光るものがあると思う。作家さんのひとがらなのか、人としての可愛さが溢れているのも、好感触。これからが楽しみです。
読了日:04月25日 著者:梅松 町江
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5865637

■鋼鉄のベイビー・リーフ (バーズコミックス リンクスコレクション)
表紙の受けの膨れっ面が可愛くて購入したんだけど、ここまで、攻めが必死で受けが気乗りしてない話は珍しい気がする。でも、ま、終わりよければ全てよし、ってコトで。あ、カバー下をお忘れなく!
読了日:04月25日 著者:スナエ ハタ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5851614

■浪花少年★クライシス (キャラコミックス)
大阪弁につられて読み始めたら、浅沼の妙なパワーにやられました(>_<)
読了日:04月25日 著者:広川 和穂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5851579

■チーズスイートホーム(7) (KCデラックス)
ちー、金魚はとっちゃダメだよん。だって、金魚くん、正面から見たトボけた顔がカワイイんだもん。
読了日:04月24日 著者:こなみ かなた
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5850645

■あまつき (11) 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
迷ったけど限定版ん買って良かった。笑まくった(^人^)
読了日:04月24日 著者:高山 しのぶ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5849973

■DVD付き初回限定版 xxxHOLiC17巻 (KCデラックス)
人は「永遠」に焦がれるものだと思うけど、でも、もし、現実に永遠とか果てしない時間をてにしたら…。限りがあるからこそ、生命は愛しいのかもしれない。四月一日はこれから、どこに行くんだろう
読了日:04月24日 著者:CLAMP
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5847740

■変わる世界 (Dariaコミックス)
読了日:04月24日 著者:館野 とお子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4861344085

■秘密(トップ・シークレット) 7 (ジェッツコミックス)
読了日:04月24日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592145372

■秘密(トップ・シークレット) 6 (ジェッツコミックス)
読了日:04月24日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592145364

■秘密―トップ・シークレット (5) (JETS COMICS (4535))
読了日:04月24日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592145356

■砂漠の花嫁 (Dariaコミックス)
ごめんなあさい、私的にはかなり、微妙です…
読了日:04月22日 著者:天音 友希
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5850758

■甘い運命 (二見書房 シャレード文庫)
やっと読んだ。一~~~!と叫びたくなった。一の母を殴ってやりたい、と何度も思ってしまった。
読了日:04月21日 著者:高遠 琉加
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5820944

■裏切りは僕の名前を知っている (1) (あすかコミックスDX)
ずっと気になっていた本。とうとう、読み始めた。が、まだよくわからない。でも、ほたるさんの絵は昔から好き♪
読了日:04月21日 著者:小田切 ほたる
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5820926

■秘密(トップ・シークレット) 4 (ジェッツコミックス)
読了日:04月21日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592132378

■秘密(トップ・シークレット) 3 (ジェッツコミックス)
読了日:04月21日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/459213236X

■秘密―トップ・シークレット (2) Jets comics
読了日:04月20日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592132351

■秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))
ツィッターで友人が絶賛していたので、本箱をひっくり返してみた。うー、4巻まではあるらしい。取り敢えずある本だけ再読しよう。
読了日:04月20日 著者:清水 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5809457

■朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)
罪。それは重くて辛くて苦しいもの。罪を犯せば、それは結局自分で贖うしかないのだろう。けれど・・・罪を犯すか犯さないかは、もしかしたら、酷く薄い差しかないのかもしれない。傍観者という名の加害者もいるし、被害者という名の加害者もいるのだから…
読了日:04月20日 著者:羅川 真里茂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5808971

■高潔であるということ (幻冬舎ルチル文庫)
表紙の印象ほと、怖い話しではなかったです。思ったより淡淡と話が進むからか、キャラの設定ゆえか、いろいろな意味で盛り上がりませんでした。また、高潔、と言う言葉とキャラとのギャップを感じます。
読了日:04月19日 著者:砂原 糖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5798091

■告白
予備知識など全くない状態で読んだんですが・・・人の心の中は複雑で、どれだけ間違っていると判っていても自分を止められないときもあれば、相手次第でかなり冷淡にもなるし、ちょっとしたことで憎悪を抱くことだってあるし、子どもを殺された母親が法の手に委ねるのではなく自らの手で復讐したい気持ちも判るような気もします。でも、明日になったら、今考えてること全部忘れて、ただ陰鬱とした読後感だけ覚えていそうな気がして、微妙です。
読了日:04月18日 著者:湊 かなえ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5784354

■桃色☆吐息 (オークラコミックス) (アクアコミックス)
読了日:04月18日 著者:上川 きち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4775515233

■スーハー そんなニオイにつられるか! (オークラコミックス) (アクアコミックス)
匂いつられて恋をする・・・なのに、花粉症のエンドマーク!笑った。
読了日:04月17日 著者:のも まりの
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5783669

■鈍色の空、ひかりさす青 (幻冬舎ルチル文庫)
痛い話だと情報を得ていたので、ちゃんと心して読みました。だからでしょうか、基の悲惨さも、那智の苦悩も後悔も色々と思うことはあったのですが、壊れてしまった父親の闇の方が気になってしまいました・・
読了日:04月16日 著者:崎谷 はるひ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5783880

■さらい屋五葉 7 (IKKI COMIX)
読了日:04月15日 著者:オノ・ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091884997

■さらい屋五葉 6 (IKKI COMIX)
読了日:04月15日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091884644

■さらい屋五葉 5 (IKKI COMIX)
読了日:04月15日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091884288

■さらい屋五葉 4 (IKKI COMICS)
読了日:04月15日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091884156

■さらい屋五葉 3 (IKKI COMICS)
読了日:04月14日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091883702

■さらい屋五葉 2 (IKKI COMICS)
読了日:04月14日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091883524

■さらい屋五葉 1 (IKKI COMICS)
アニメが始まるのでその前に・・・一気に全巻読む予定
読了日:04月14日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5752181

■GUSH (ガッシュ) 2010年 05月号 [雑誌]
四号×警備のドラマCD聴きたさに、雑誌まで買ってしまった・・・。ぢゅん子さんの続きが気になる!
読了日:04月13日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5752289

■HUGキスあくしゅ (ビーボーイコミックス)
何がどうとは言えないけれど、絵と同じように話にも雰囲気があると思う。ただ、現段階では、雰囲気だけではカバーし切れないものもチラホラと感じるのが難点。・・・それにしても、表紙のヒゲ、好きだなぁ。
読了日:04月12日 著者:元 ハルコ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710236

■あまい、にがい (ビーボーイコミックス)
詰まっていた、全く色の違う話のどれもが良かった。上っ面だけの甘い恋でもなければ、ただ哀しい話でも、過ぎた恋の感傷に浸っているだけの話でも無い。語彙が少なくてその話から自分が受けた感覚を正確に表せないが、・・・どの話も浅くない気がすると言えがいいだろうか?
読了日:04月11日 著者:なえ*淡路
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710424

■彼等は夜か雨の中 (ビーボーイコミックス)
くすくす笑える話と、眉間にしわを刻む話が収録されているけれど、どちらかに絞った方が良かったんじゃ・・・
読了日:04月11日 著者:本庄 りえ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710370

■キミノート (GUSH COMICS)
この方の絵にはエロスを感じる。萌え絵って言葉があるかどうか判らないけど、あるとしたらこんな絵なんじゃないかと、密かに思ってます。
読了日:04月11日 著者:ぢゅん子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710316

■四号×警備―フォーカード― (GUSH COMICS)
無性にCDが聴きたくなった。そして、もう一つ。無性にワンコをしつけてみたくなった・・・
読了日:04月10日 著者:葛井 美鳥
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710213

■離れたい離れたくない (ビーボーイコミックス)
最後のオカーサンは、流石にないだろう…
読了日:04月10日 著者:一城 れもん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5710181

■人に言えない間柄 (キャラコミックス)
先生と生徒。なんだかんだいいつつ先生が結構溺れているのが可愛い。
読了日:04月09日 著者:ユキムラ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5685609

■薄桜鬼巡恋華 1 (シルフコミックス)
うーん、ゲームが元なので仕方ないけど、もう少し一本に絞った話を読みたかったかも。
読了日:04月08日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5685574

■3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
勝負の世界は厳しい。残酷なほどに力の世界なのだ。でも、だからこそ、ほんのひとにぎりの人しかたどり着けない場所を目指すのかもしれない。
読了日:04月08日 著者:羽海野 チカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5685549

■スケルトン・ハート (新書館ディアプラス文庫)
普段なら何も考えずにスルーできるところが、時にはスルーできないこともあるのだと、苦く思った・・・
読了日:04月07日 著者:いつき 朔夜
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5662463

■たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫)
イケメンおたく。・・・その斬新なキャラ設定に、笑い転げながら拍手!でも、椋本がイケメンなのに妙に小心者なのは、つーか、そう設定できるのも、その設定に笑いながらも親しみを覚えるのも、鮮やかに脳裏に浮かぶ情景にチラと痛みを覚えるのも――要は私がオタクだから?(爆)
読了日:04月06日 著者:渡海 奈穂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5662341

■看護師が流した涙 (ぶんか社文庫)
ジプシー看護師が、渡り歩いた病院で出会った患者さんの話をまとめたものですが、涙が止まらない話が多かったです。そして、看護師、という職業の難しさとともに、いろいろな意味で岐路に立つ病院について色々な事を考えました。
読了日:04月06日 著者:岡田 久美
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5661449

■家政夫は今夜も意地悪で (角川ルビー文庫)
受けは高校生。若いのはいいんだけど、それにしても子供過ぎる気が…。攻めもなんだか良く分からない。鬼畜に受けをいじり倒すシチュは好きなんだけど、なんか気持ちがついていけなかった。だって、これじゃこちらもお子様じゃないか…うーん、微妙。
読了日:04月05日 著者:夏目 もも
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5661547

■立ち読み禁止! (もえぎ文庫)
ひとつ間違えば、一番嫌いなタイプの話になった可能性もあったのに、いや、楽しかったです。攻めはぎりぎりのところでセーフ(気持ち悪いに行きそうで行かなかった・笑)で、時折カッコよくすらあった。アテ馬氏も実はかなり濃そうで苦手なタイプなのに、3人だとバランスがイイ気がする。・・・・・なんだかんだは抜きで、面白かった。
読了日:04月04日 著者:音理 雄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5661640

■情熱まで遠すぎる (幻冬舎ルチル文庫)
途中まで、攻め受けが逆だと信じて疑わなかった。まぁ、どちらがどちらでも良い気もするけど、チラと不自然な気もする。
読了日:04月04日 著者:桜木 知沙子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5625850

■ひばりひなどり巣立つ日に (CITRON COMICS)
古ぼけた下宿に咲いたいくつかの恋ばなと、短編を収録。可愛くて、どこか切ない話が多いです。漫画家と新人編集の話が好み。…いや、この漫画家・小豆沢が私的に好み。
読了日:04月04日 著者:北別府 ニカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5612570

■魅惑のグランド・ロマンス (角川ルビー文庫)
人前で頑張ってるところを見せたくなくて、普段チャラ男を演じている藤本が可愛い。深瀬は…うーん、私的には微妙なタイプ。
読了日:04月04日 著者:夏目 もも
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5612448

■誘惑のフライト・ロマンス (角川ルビー文庫)
最初から話は読めちゃう、ある意味ベタな展開の話なんだけど、口元が緩む感じに楽しめた。読み易いので、BL初心者にもオススメかも。
読了日:04月03日 著者:夏目 もも
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5612346

■目をとじて3秒 (ドラコミックス 231)
攻めも受けもなんだか可愛いい。互いに好きなのにちょっぴり弱腰だったり、家族に翻弄されたりしてすれ違う。だけど、気持ちは変わらなくて…。なんか、読んでいてムフフフと笑ってしまいました。この雰囲気が、いーなあ。あ、少し線が変わったのかなー、取っ付き易い感じになった気がします。
読了日:04月02日 著者:阿仁谷 ユイジ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5598423

■忍びよる恋はくせもの 1 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)
あれ?BLじゃないんだ…と思いつつ、普通に楽しかった。
読了日:04月02日 著者:キリシマソウ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5597962

■恋の中 (CITRON COMICS)
収録されたどの話も余韻の残る話で、エンドマークのその後が気になる話だった。その後を予想して頬が緩んだり、しんみりしたり…。
読了日:04月02日 著者:桃山 なおこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5597808


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

COMMENT

久々に失礼しますっ!
こんばんは~^^
ついった、ホント時間泥棒ですよね(笑)
つけてればどんどんつぶやき流れますし・・・でも、過去ログ(?)漁るのって限界ありますし、フォロー多い方なら尚更過去遡るの無理ですよね;何度も読みたい記事(文章)とかないですし(苦笑)

ついったはチャットみたいな感じでその場ですぐ語れるのがいいですけど、ブログの方が見やすいし記事がまとまっているので読みやすくて好きです♪

テキトー気のまま更新(しかもBL感想ほぼナシ・爆)の私に言われてもなんの説得力のカケラもなしだと思いますが、游さんも気楽に更新されてはいかがですか~^^
2010/05/06(木) 20:28:34 | URL | 美鳥 #X6JBAieE [Edit
ありがとうございまーす♪
こんばんは!コメントありがとうございました。

ついった、本当に時間泥棒ですよね。
基本、私は書き込むより読むのが好きなタイプなので、過去ログを漁ってると、簡単に1時間とか2時間とか経っちゃいます。・・・困ったものです。

でも、確かに、流れていってしまって残らない、ですよね。
だから、残しておきたい何かはやっぱりブログに書きたいんですが、このところハズレ続きです。まあまあとかそこそこばかりで、執着できる話に出会わないです。
・・・・どう言えば良いんでしょうか?
こう、何かに追い立てられて居ても立ってもいられなくなるような、血が沸き立つような、どうしても書かずに居られないような、そんな何かが足りません。
ちょっと重傷な感じですが、もう少し、ユラユラしていようかなと思ってます。

それにしても、ついったでもなかなか美鳥さんとは会えないですね。
これって、やっぱり、私がかなりきままな時間に出没してるからですよね
・・・・やっぱり問題は私自身ってことですか!?(爆・笑泣)
2010/05/08(土) 23:42:34 | URL | 游 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


ABOUT THIS BLOG

このブログは、管理人・游の購入本リストの色合いが強いため、感想はほとんど全て「続きを読む」からの入力となります。…「続きを読む」があれば感想は必ずあります。 もちろん、リンクフリーですが、出来ればご一報下さい。 尚、このブログは、時折、パッタリと更新が途絶えます。お許し下さい。 m(_ _)m



プロフィール

游(ゆう)

Author:游(ゆう)
今は無き「青磁ビブロス」が出していた、雑誌化される前の「b-boy」の記念すべき第1巻から読んでいる、筋金入り腐女子です。
食べることが大好きで、タベログ系のブログ のほほ~んとネコな日々 もあります。游の日常をお知りになりたい方は、どうぞこちらへ♪(…そんな人居ない?)
*Twitter始めました。fukufukunekoで呟いてます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリ



リンク  v(*'-^*)v♪

(リンクさせて頂いた順に並んでます)

このブログをリンクに追加する



Yuu's List

游の所持する、もしくは一時は所持した書籍のリストです。 重複外防止のために作ったデータですので、この2年くらいの間に手放したものもあるし、今はpdfにしちゃったものも含んでます。 (外部HPに飛びます.ご注意下さい)



最近読んだ本

フラフラとネットを渡り歩いていたら、読書メーターなるものを発見。面白そうなのでお試し運用中!

游の最近読んだ本



FC2カウンター



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 同じ本は何冊も要らない… All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。