FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気読み

2009.09.11 *Fri
ここ数日本屋には行かず、ちまちまと手元にある小説本を読んでたけど、10日はリブレのコミックが出る日なので、喜び勇んでいつもの本屋に。
そして、どっちゃりこんと買い込んできました!(買い込んだのはあくまで昨日の話です)

悪い子のためのわすれもの手帖 (GUSH COMICS)悪い子のためのわすれもの手帖 (GUSH COMICS)
雫花びら林檎の香り (ビーボーイコミックス)
トリコになりました (ビーボーイコミックス)
おとなりさま (ビーボーイコミックス)
MO’SOME STING (ゼロコミックス)


以上がコミック。
このうち、ヤマシタさんと、川唯さんと、奥田さんは10日のうちに、砧さんと七織さんは日付が変わった夜中に読みました。

ヤマシタさんのは、なんか喩えは悪いけど、「B級ヤ●ザ映画」でも見ているような感じでした。
ベタなのに、どこか悲惨で苦しくて重いのに、絶望は感じてないし、どこかクスッと笑えるところもある。……そんな感じ。
作中、登場人物一人一人が背負う物はかなり重いはずなのに、それでも、歯を食いしばってる。
けれど唯一人、生きることから逃げようとする田貫に、地ベタを這いずり回りながら踏みとどまろうとする浅黄や十和子が投げつける言葉が重くて痛い。
そして、ラスト近くで田貫が十和子に問う。「生きる意味ってなに?」と。
──生きてる意味なんか誰にも判るもんか。
誰しも青春の入り口辺りで考えたことはあるだろうけれど、それを理解して生きている人なんてもの凄く稀有な存在だろう。たいていの人は、その人生をかけてその意味を探り、運が良ければ最後のその時に自分を納得させられる何かを得るかも知れない。でも、最期のその時まで判らない人の方が多いんじゃないかと思う。
あー、なんか熱く語ってしまった。

川唯さんは、すごく好きな絵描きさん。何がどうとか関係なく、その絵が私の好きな絵のBEST5に入ります。
今回の収穫は、七織さん。初めて読んだけど、なかなか楽しかった。気になるとしたら、この系統の絵を描く方が多いってことかも。今後に期待してます。
さて、同じ日に買い込んだ小説。ディアプラスは予定していたけれど、それ以外は突発的に、要はかなり行き当たりばったりに買ってみました。

スリープ (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫 224) 初心者マークの恋だから (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫 204)
はな咲く家路 (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫 225) 描くのは愛 (ショコラノベルス・ハイパー)
スリープ (ディアプラス文庫)
初心者マークの恋だから (ディアプラス文庫)
はな咲く家路 (ディアプラス文庫)
描くのは愛 (ショコラノベルス・ハイパー)
ビタースイートロリポップ (クロスノベルス)


この中で今日(夜中に)読んだのが、はな咲く家路。
一穂さんは、相変わらず、きらきら光る言葉を紡いで透明感の溢れる世界を織りなしてました。
唯、今回の表題作(2作収録されてます)は、時間が過去に飛ぶ、と言うか入り乱れる感じがあり、一瞬戸惑うことも多かったです。
そして、今回、きれいな言葉は時として痛いのだと、そんなことも思いました。
一穂さんの小説には、心に落ちてくる言葉が多いので、時間があれば一本立ちの記事であげたいです。

スポンサーサイト
| 雑記 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


ABOUT THIS BLOG

このブログは、管理人・游の購入本リストの色合いが強いため、感想はほとんど全て「続きを読む」からの入力となります。…「続きを読む」があれば感想は必ずあります。 もちろん、リンクフリーですが、出来ればご一報下さい。 尚、このブログは、時折、パッタリと更新が途絶えます。お許し下さい。 m(_ _)m



プロフィール

游(ゆう)

Author:游(ゆう)
今は無き「青磁ビブロス」が出していた、雑誌化される前の「b-boy」の記念すべき第1巻から読んでいる、筋金入り腐女子です。
食べることが大好きで、タベログ系のブログ のほほ~んとネコな日々 もあります。游の日常をお知りになりたい方は、どうぞこちらへ♪(…そんな人居ない?)
*Twitter始めました。fukufukunekoで呟いてます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリ



リンク  v(*'-^*)v♪

(リンクさせて頂いた順に並んでます)

このブログをリンクに追加する



Yuu's List

游の所持する、もしくは一時は所持した書籍のリストです。 重複外防止のために作ったデータですので、この2年くらいの間に手放したものもあるし、今はpdfにしちゃったものも含んでます。 (外部HPに飛びます.ご注意下さい)



最近読んだ本

フラフラとネットを渡り歩いていたら、読書メーターなるものを発見。面白そうなのでお試し運用中!

游の最近読んだ本



FC2カウンター



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 同じ本は何冊も要らない… All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。