FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了記録6月

2009.07.02 *Thu
いや、早いです。
年が変わったのはつい先日だと思っていたのに、気がつけば昨日から7月。
あっという間に、今年も半分が終わってしまいました。
マジ、何もしてない気がするのに、それでも時間は止まってないどころか、年々そのスピードを上げているようで、たまに、途方に暮れたりもします。
……わたし、こんなんでいいのかな? って。でも、結局思うだけでなんにもしない。
うーん、基本的に私はぐうたらみたいです。トホホホホ…><;

さて、ぼんやりな私ですが、それでも一応普通に生活しているので、仕事関係は6月も忙しい日々が続きました。やっと一息つけたのは月半ばを過ぎた辺りから。
なので、今月も読んだ本は少なめです。
あと、読みたいと思って手には入れたけど、何となくシリアスそうなのとか、見るからに分厚い本は由鬱になりそうだったのでパスしてしまいました。要は、コミックスとか表紙の雰囲気の優しそうな本から読んでます。
あー、私はどちらかというと解説とかは読まないです。
余り的確じゃない解説も多いし、それ以前に「本との出会いは直感さ!」と思うアバウトテキトーな人なので。

そんな私の6月の読了記録です。


2009年6月の読書メーター
読んだ本の数:52冊
読んだページ数:5487ページ

■真夏の夜の御伽噺 (キャラ文庫 し 2-16)
御伽噺というよりはファンタジーっぽい部分はあるけど、それ以上に現実をちゃんと見つめる話で、そのさじ加減が良かった。でも、私が上司なら、旗野は持て余すだろうな…。自分を見つめること考えることは大切だけど、考えるだけの人材は……x まず、動け!と言いたくなるかも。
読了日:06月30日 著者:秀 香穂里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4199005250

■甘い苛だち (花音コミックス)
お馬鹿でニブチンな紅真がかわいいし、冷めた感じの冬紀が本当はヤキモチ焼きだったり好きな相手には甘いところがあったりするのも楽しい。高校生の恋愛模様はテンションかなり高めだけど、かわいいから、ま、いいか。惜しむらくは、紅真は双子なんだよ、もっと片割れと絡みがあっても良かったんじゃ…
読了日:06月30日 著者:いつき まこと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832286145

■そんな貴方に縛られて (花音コミックス)
表題作の年上誘い受けを筆頭に、個性的で積極的な受けが多い?
読了日:06月30日 著者:上川 きち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832286161

■いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)
違う道の方が楽だと判っていても、心は誰にも止められない。自分自身にだって。千秋はそんな自分をよく知っているから、相手を追い詰めてでも身体だけでも欲っするんだと思う。続きがあるのなら、千秋に幸せをあげて欲しい。
読了日:06月29日 著者:かわい 有美子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862636012

■FLESH&BLOOD 13 (キャラ文庫 ま 1-24)
1~12巻は一気読みしたので、ワクワクしながらドキドキして話の変遷に一喜一憂したのだが、13巻だけしか読めないと、話の先が気になるあまりちょっと辛い。そんな私が今、一番気になっているのは、和哉。カイトの病もさることながら、カイトが夢見た和哉が、予知夢なのか、現在進行形なのか、それとも単なる可能性の示唆なのか? 和哉がどこに行ってしまったどころか、そのあたりから気になる!
読了日:06月28日 著者:松岡 なつき
http://book.akahoshitakuya.com/b/4199005277

■晴れたる青空 (バンブー・コミックス 麗人セレクションDX)
初期の心に痛い短編集。読み終えて、再度表紙を眺めれば、「晴れたる青空」という、そのタイトルさえ心に痛い。
読了日:06月28日 著者:深井 結己
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812471168

■臆病な花嫁 (ショコラコミックス)
この絵は嫌いじゃないし、不安定で乱れる線でもない。読みやすいとも思う。でも、良くも悪くも心に残っていかない。
読了日:06月28日 著者:桜 遼
http://book.akahoshitakuya.com/b/4778107500

■冷たい瞳に愛を知る (ショコラノベルス・ハイパー) (ショコラノベルス HYPER)
表紙買いしたんですが、イラストは本当にキレイ。話は……さすがに無理がありすぎかな…。
読了日:06月27日 著者:伊郷 ルウ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4778107462

■わが愛しのドクター (キャラコミックス)
どことなく、童話、いえ、お伽噺みたいな柔らかでほのぼのとした雰囲気があって、そこが良いと思う。
読了日:06月27日 著者:木下 けい子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4199604073

■スイッチON! (MARBLE COMICS)
全然上手じゃないと思う絵なのに、スキだ!!!
読了日:06月27日 著者:カシオ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4904101499

■DVD付初回限定版「×××HOLiC」15巻 (プレミアムKC)
終わりが近づいている。それだけが、判った気がする。後は、考えることを能が拒否した。……しかし、やっぱりツバサも読まないと、本当の意味では判らないのか?
読了日:06月25日 著者:CLAMP
http://book.akahoshitakuya.com/b/4069372903

■インクルージョン (幻冬舎ルチル文庫)
博多弁を使うミッフィー……。うーん、あまりにも的確です。話の途中から、私の中では未紘ミッフィーが頭の中でくるくるしてました。
読了日:06月25日 著者:崎谷 はるひ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344816838

■草の冠星の冠 4 (バーズコミックス ルチルコレクション)
読みながら、夏、一面に生い茂った草に囲まれ、迫られて苦しくなるような、そんな気持ちになった。すごく上手な絵とは思わないけど、すごく雰囲気のある何かを感じさせる絵と、綴られる話がすごくあってると思う。でも、だからこそ切ない。
読了日:06月24日 著者:テクノサマタ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344816730

■恋が僕等を許す範囲 1 (スーパービーボーイコミックス)
前の本も持ってたのに。何故か無視できなくて再度購入し、読み直した。以前見えなかった部分が見えたり、ちょっと違う感想を抱いたり。……作者の思惑通りな自分に笑う。
読了日:06月24日 著者:本仁 戻
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862636047

■耽美主義 (スーパービーボーイコミックス)
本仁さんの絵と耽美…似合いすぎです。そして、何故か、マンガ家の本仁さんのマンガではない短編小説の最後の三行に、激しく納得しました。天国も。そして、もしかしたら地獄も。あの世じゃない、この世に--多分、自分の中にある。
読了日:06月24日 著者:本仁 戻
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862636098

■あの日のきみを抱きしめたなら 2 (バーズコミックス ルチルコレクション)
小鉄子さんと崎谷さん。二人の組み合わせは、私的にハズレがないです。つか、小鉄子さんの絵がすごく好き。関係ないけど、この話の隠れテーマは「無自覚」なのかな? 健吾は「無自覚」に沢木を傷つけたことに気がついて、自分自身と向き合い最終的に沢木を選んだけど、健吾の元彼はどうなるのか。無自覚にしてしまうことだからこそ、それは、その人の素だろうし、だからこそ直すのも難しいと思うけど……登場した女性二人(三尾と渋谷)のこれからがすごく気になるBLマンガでした。
読了日:06月24日 著者:崎谷 はるひ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344816749

■ファイナル・インプレッション (ダイヤモンドコミックス)
どの話も、絵柄とストーリーがマッチしていて、主人公達が見た目だけではなく性格もなんとなく可愛い。ほのぼのとした感じも好き。あと、4コマ。めっちゃ楽しい!
読了日:06月23日 著者:藤本 ハルキ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4790122530

■おいてけぼりブルース (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
リーマンの話がほとんどな中で、一話のみ毛色の違った話があるのだが、その話だけはどうしても、親の気持ちが納得できなかった。自分の優柔不断さを子供に払わせる親なんて……。嫌だ。
読了日:06月23日 著者:ユキムラ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812470943

■ぼくらが微熱になる理由~バラフライ・キス (Dariaコミックス)
大きいくせにどこかへたれなワンコな攻めと、まじめで小市民タイプだけど優しい受け。よくあるパターンと言えばよくあるパターンだけど、読んでいて破綻のない絵は、かなり好み。あと、最後の最後に受けの印象が変わりそうな、でも、かなり笑える話があったのも良かった。
読了日:06月23日 著者:冬乃 郁也,崎谷 はるひ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4861343429

■I LOVE HIM 2 (ダイヤモンドコミックス)
1巻の終わりで、かなり期待したのに……。あっけなく片が付きすぎじゃ?
読了日:06月23日 著者:朱央 晴美
http://book.akahoshitakuya.com/b/4790122549

■運命は僕の隣 初回限定版 (ドラコミックス 202)
高校生って、やっぱりかわいーな、とか思いつつ、実は、喰えない生徒会会長が、一番好きだったりする。あー、小冊子は肌色率は高いけど、エロ度合いは低い気がする。期待しすぎた……
読了日:06月23日 著者:みろくことこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/486252561X

■ブルーデザート (リンクスロマンス)
このところ、遅ればせながらアラブに挑戦中。の私にとっては、多分程よいアラブさが読みやすかったのと、アラブの大人の男の余裕を楽しめた。ブルーダリアよりこちらの方が好みだが、短編・ダリアの憂鬱は、従兄弟同士のやりとりが微笑ましい。うーん、アラブの王族もかっこいいが、卓也の、背筋がピンと伸びるような潔さもかっこいいじゃないか!
読了日:06月22日 著者:火崎 勇
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344816544

■ホライズンブルー (幻冬舎ルチル文庫 ま 2-8)
少しずつ降り積もる雪のような話は、ららさんのイラストとも相俟って、疲れていた私を確かに癒してくれたし、穏やかで緩やかな温かい気持ちにさせてくれたのに。なのに、何故だろう。どこか既視感を覚えるストーリーに、何かがほんの少し足りない、そう思った。
読了日:06月21日 著者:真崎 ひかる
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344816889

■恋について (プラザCOMIX Hollyシリーズ) (プラザコミックス)
大竹さんの絵と、木原さんが描いただろう世界がすごくマッチしていると思う。人は誰でも弱い、でも、だからこそ愛しい…そんな気持ちになりました。また、本編以上にクスッと笑えるショートが良かったです。
読了日:06月21日 著者:大竹 とも
http://book.akahoshitakuya.com/b/4883863697

■最凶王子―二階堂警視の受難 (アルルノベルス)
正直、表紙買いだったけれど、思いの他良かったです。でも、兄王子についてもう少し読みたかったな。
読了日:06月18日 著者:水月 真兎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862961444

■ヌードな予感 (B‐PRINCE文庫)
突っ込みどころ満載だし、萌えらしき萌えは筆づかいだけだったけど……まあ、10年後の二人までラブラブなので、良いことにしておこう。
読了日:06月18日 著者:加納 邑
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048674501

■略奪はお手柔らかに (プラチナ文庫)
何故か、終わってしまった恋の方が気になった。どこをどうして突然の別れがあり、その際に「本当は俺のことなんかどうでも良いと……」なんて言葉が出てきたんだろう?それが、もっと納得できる背景が書き込まれていたら、新しい恋の行方と成長する侑己にもっと同調できたんじゃないかと思う。
読了日:06月16日 著者:宇宮 有芽
http://book.akahoshitakuya.com/b/4829624183

■半月刀に誓いのキスを (AZ NOVELS)
表紙のいかにもアラブな雰囲気(いや、衣装にか?)に、たまにはアラブを読もう、と結構意気込んで読み始めたのですが、なんかちょっと、王道とは違う? でも、傍にいて12年もH出来ないのは辛すぎるんじゃないの?と思ったのに、ちゃんと、抜け道があるところが、なんかアラブだなぁ、と納得してしまいました。
読了日:06月16日 著者:鈴木 カタナ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4781601618

■二十六年目の恋人 (B‐PRINCE文庫)
「ネタは新鮮なうちに使わなければ意味がない」…そうか、そうだったんだ!って、爆笑した。読んでいて最初は笑い続け、途中でホロリとするところもあって、そのさじ加減が絶妙だった。
読了日:06月14日 著者:高尾 理一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4048678078

■海賊と囚われの王子 (プリズム文庫) (プリズム文庫 wk- 9)
色々と突っ込みたくなる小ネタはあったけど、そこはファンタジーって事で納得したら、こういう、ちょっと間抜けでプルプル震えてる小動物な感じの受けは、やっぱり好き。あと、基本的に若月さんの話はハッピーエンドなので、安心して読める。
読了日:06月14日 著者:若月 京子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4775513672

■芳醇な恋に (もえぎ文庫)
普通にサクッと読んで、サクッと終わった。ただ、それなりの企業が融資提携とか合併とかするならば、相手の企業の信用調査ぐらい最初の段階でするだろう、普通……。
読了日:06月14日 著者:火崎 勇
http://book.akahoshitakuya.com/b/4059040908

■うちのこになりなさい (アクアコミックス)
読了日:06月13日 著者:いさか 十五郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/477551380X

■ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
準優勝がいちばん悔しい…に、泣きそうになった。
読了日:06月13日 著者:末次 由紀
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063192660

■青銅の愛人 (もえぎ文庫)
人が勝手に「人しか持てない感情」と考えている「愛」とは、いったい何なのか? いや、それ以前に「感情」とは何なのか? 人が歩んで来た道、これから以降としている場所。……色々なことを想う。
読了日:06月13日 著者:剛 しいら
http://book.akahoshitakuya.com/b/4059040959

■となりの怪物くん 2 (デザートコミックス)
タイミングのかみ合わない二人。でも、そこが良いんだよなぁ…とニマニマしながら読む。
読了日:06月12日 著者:ろびこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063655555

■15センチメートル未満の恋 (新書館ディアプラス文庫 216)
面白かったが、既視感もあり。でも、ドラマと違って最後がハッピーエンドだったので、良かった。
読了日:06月12日 著者:砂原 糖子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403522157

■流星シロップ (クロスノベルス)
衛守に傍にいられるように、最大限努力するのに、周りにはそれを絶対見せないプライドの高い峰が、反面、あればあっただけ嬉しいと思える身長さえ、小さく言おうとする。そのギャップがいじらしく可愛い。
読了日:06月12日 著者:かわい 有美子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4773099585

■椿びより (EDGE COMIX)
椿、かわいい!!!!! 誰かを好きになって、その恋が叶うことだけが幸せじゃない。幸せって、きっとどこにもころがってるのを、見つけられるか見つけられないかなんだ…。
読了日:06月11日 著者:イシノ アヤ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4863490720

■生徒会長に忠告 4 (ディアプラスコミックス)
知賀と国斉がやっと両思いになってめでたい。知賀の母もかなりめでたい、つーか、良い親だな。でも、山城。彼の足下にだけぽっかり開いた穴は、底なしに開いたままだよ。どうなっちゃうんだろう?
読了日:06月11日 著者:門地 かおり
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403662455

■深窓のスワロウテイル (スーパービーボーイコミックス)
もかさんのこの絵は好きなんだけどなぁ…
読了日:06月10日 著者:安曇 もか
http://book.akahoshitakuya.com/b/486263608X

■近くて遠い (GUSH COMICS)
趣味に走って言うなら、意地っ張り眼鏡が一番可愛い。でも、話としてなら、好きだからこそせめて友達では有りたいと思うのに、上手くいかない二人の方に惹かれた。
読了日:06月10日 著者:楢崎 ねねこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4877241272

■寄せては返す波のように (ガッシュ文庫)
前作を読んでないので、エリィが可愛そうと言うより、ルースの健気さばかりが胸に痛かった。そして、読み終えてから、そのタイトルの重さを思った。
読了日:06月08日 著者:六青 みつみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4877249710

■コーンスープが落ちてきて (新書館ディアプラス文庫)
人は誰も単色なんかじゃないし、気持ちだって移ろう。でも、そんな風景を優しく描けるところが、私が松前さんの小説が好きな理由の一つなんだ…と、ふと思った。
読了日:06月07日 著者:松前 侑里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403522130

■依頼人は証言する (キャラ文庫 た 3-7)
主人公二人よりも、広瀬を想っていた都築の気持ちが哀しくて愛しい。広瀬兄のアニバカぶりに笑った。
読了日:06月05日 著者:高岡ミズミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4199005226

■龍を戴く者 (アイズコミックス)
竜をその身に飼う番人の、言わば世代交代を描いたこの話の中で、一番すごいのは、やっぱり、次代の番人を一人で生み育てた「連城」。う~ん、女は強いv
読了日:06月05日 著者:桑原 祐子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4834261891

■ご主人様系ダーリン (ディアプラスコミックス)
駄目。どうやっても、ボンノーに勝てない。ショタなワンコ(そんなくくりはあるのか?)にメロメロな自分に、マジ、やばさを感じる ( ̄_ ̄ i)タラー
読了日:06月05日 著者:牛乳 リンダ
http://book.akahoshitakuya.com/b/440366248X

■銀閣博士とモルモット (ジュネットコミックス 13)
ピアスなのに、エロなのに、時折、不覚にも泣きそうになった。
読了日:06月04日 著者:池 玲文
http://book.akahoshitakuya.com/b/4904468120

■トラさんと狼さん (花音コミックス)
トラ兄とワンコに1票。
読了日:06月04日 著者:春野 アヒル
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832286102

■ラヴァーズ文庫 花の残像 (ラヴァーズ文庫 71)
巴はどうなったの?そればかりが頭の中でグルグルしてます。きっと、本編にも関わってくるよね!?
読了日:06月03日 著者:夜光花
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812438241

■交渉人は振り返る (SHYノベルス)
自分自身さえ信じ切れないのに、他者を信じることは難しい。でも、だからこそ信じたいと思うのかもしれない。けど、信じてないけど惚れてると言われたら、恋人としては本望かも。だって、惚れてるからこそ疑心暗鬼が捨てきれなくて、信じ切れないんだよね。うーん。兵藤、たまには良いこと言うじゃないかぁ!
読了日:06月01日 著者:榎田 尤利
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813011985

■花影の記憶 (ミリオンコミックス Hertz Series 59) (ミリオンコミックス Hertz Series 59)
途中で何度も投げかけました。申し訳ないけどこの絵にこのストーリーは重いです。まあ、その重さがあるからこそ、最後にやってくる“幸せ”が引き立つのかもしれないですが…。
読了日:06月01日 著者:ミエノ サオリ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813051928

■セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)
楽しみにしていた、一週間の後半。最後少しもの足らない気もしますが、でも、室井さんの絵の雰囲気とはあってると思います。 追記:すみません。お名前間違えてました。宝井さんです。最初に読み間違えたまま、インプットされちゃってました… (Tさん、ご指摘ありがとうございました)
読了日:06月01日 著者:橘 紅緒
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813051936


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ABOUT THIS BLOG

このブログは、管理人・游の購入本リストの色合いが強いため、感想はほとんど全て「続きを読む」からの入力となります。…「続きを読む」があれば感想は必ずあります。 もちろん、リンクフリーですが、出来ればご一報下さい。 尚、このブログは、時折、パッタリと更新が途絶えます。お許し下さい。 m(_ _)m



プロフィール

游(ゆう)

Author:游(ゆう)
今は無き「青磁ビブロス」が出していた、雑誌化される前の「b-boy」の記念すべき第1巻から読んでいる、筋金入り腐女子です。
食べることが大好きで、タベログ系のブログ のほほ~んとネコな日々 もあります。游の日常をお知りになりたい方は、どうぞこちらへ♪(…そんな人居ない?)
*Twitter始めました。fukufukunekoで呟いてます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリ



リンク  v(*'-^*)v♪

(リンクさせて頂いた順に並んでます)

このブログをリンクに追加する



Yuu's List

游の所持する、もしくは一時は所持した書籍のリストです。 重複外防止のために作ったデータですので、この2年くらいの間に手放したものもあるし、今はpdfにしちゃったものも含んでます。 (外部HPに飛びます.ご注意下さい)



最近読んだ本

フラフラとネットを渡り歩いていたら、読書メーターなるものを発見。面白そうなのでお試し運用中!

游の最近読んだ本



FC2カウンター



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 同じ本は何冊も要らない… All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。