FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOON DIVE

2009.05.29 *Fri
それがたとえ恋じゃなかったとしても、
掛け替えのない相手は手放せない。

MOON DIVE ムーン ダイブ (二見シャレード文庫 か 6-4)MOON DIVE ムーン ダイブ (二見シャレード文庫 か 6-4)
(2009/05/22)
神江 真凪

商品詳細を見る
神江真凪さんの新作は、ちょっと奇天烈なキャラ設定でした。

奇天烈というのはちょっと語弊があるかとも思うのですが、でも、攻の司波(もちろん男)が人魚の息子で、ある年齢を過ぎると月に一日だけ女性化する、というのはファンタジーならありだけど、現代の普通の話としては、やぱっりちょっと突拍子もないですよね。
いや、私の門戸はかなり広いので、最終的に胸に響いたとか、泣けたとか、面白いと言えるなら、どんなに奇天烈でもいいんです。でも、何となくこの話ではその設定を生かし切れてない気がします。
でも、じゃ、面白くなかったのかと言えば、そんなことはなかったのでレビューします。

この話、枝葉をそぎ落とせば、つまり、天に沢山のものを与えられて生まれてきた、かなり恵まれた男・司波が、過去自分を不愉快にした男にちょっとした意趣返しをしてやるつもりだったのに、その男から逃れられなくなる――平たく言えば恋をする、というよくある話です。
でも、司波の恋は、本人が気がついているかどうかは怪しいですが、多分、紛うことなく「初恋」なんです。
初恋といえば、多分誰しも覚えがあると思うのですが、ひょんな時にドキドキしたり、ちょっとしたことで嫉妬したり、その後その感情に戸惑ったり。自分でも自分の気持ちをどうにもできないものですよね。
そしてそれは、何でもコントロールしてきた、相手を逆上せさせても自分はいつも余裕を持って冷静に遊んできた司波も同じでした。
ただ、なんせ初恋だから。司波は、自分の気持ちに気づけません。
それで楽しかったり、グルグルしたり、苛々したり、暴走したり(受けをホテルに監禁したり…><;)します。
私には、司波のそのコントロールの効かない様子が、かなり面白かったです。何となく、小さな子供が欲しいオモチャを前にして、床に転がって駄々をこねてるみたいで。
…何というか、普段嫌みなほど余裕のある男が右往左往する様って、楽しくないですか? 
正直に、私はすごく楽しいです。
「そうだ、もっと苦しめ!」なんて思いつつにんまりと笑っちゃうほどです。←S属性?

とは言うものの、読んでいて気になることはいくつかありました。
特に、私には、途中榊の気持ちが見えなかった。
司波は見た目とは違って、その実態は余りに子供です。そしてそれが判れば、その感情の動きを読むのは簡単です。だって、ただのバカな子供だし。だけど、榊は?
確かに、榊は高校生の頃から司波に憧れのような気持ちを持っていたのかもしれない、そして、それもまた紛れもない初恋だったのかもしれない。
司波に強姦されても、好きだから、嫌いになれないからと、それを受け入れたのかもしれない。
好きだから、司波の信じられないような状況も受け入れたのかもしれない。
でも、受け入れることで好きの重さなんて量れない、そう思うのは私だけでしょうか?
もしかしたら、方向は完璧に間違っているとは思うけど、それこそ優美の方が榊よりも司波のことを好きだったのかもしれないとさえ思います。
司波は確かに自分勝手ではた迷惑な男だけど、でも、その司波が追い詰めなければ、好きと言えない榊ってどうなんでしょうか?
男だから。ゲイだから。
親との仲が上手くいかなかったのも、自分のせいだから。
もしかしたら、榊はそんな風に考えていて、だから、欲しいものを欲しいと言えなかったのかもしれない。
司波が自分を監禁までしたのは、ただの興味で、自分に対する気持ちがあったわけじゃないと思い込んでいたのかもしれない。
その上、女関係にだらしない司波は、自分を監禁しながら普通に女性ともつきあっていて、その女性が自分を襲ったのだし、そんなことまでさせておきながら司波はその女性にあまりに冷たかった……と、そんな風に考えて司波にやるせない思いを抱いたのかもしれない。
でも―――。
そんな風に考えてさえ、榊の気持ちは、何故か私の胸にはしっくりと落ちて来ませんでした。
これ、読んでいる私の資質の問題なのかなとも思うのですが…残念です。


最後に、今回いいなと思った一文を。

恋なんて、そんなものは知らない。ただ、代わりがいないと知っただけだ



スポンサーサイト
| BL-NOVELS |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ABOUT THIS BLOG

このブログは、管理人・游の購入本リストの色合いが強いため、感想はほとんど全て「続きを読む」からの入力となります。…「続きを読む」があれば感想は必ずあります。 もちろん、リンクフリーですが、出来ればご一報下さい。 尚、このブログは、時折、パッタリと更新が途絶えます。お許し下さい。 m(_ _)m



プロフィール

游(ゆう)

Author:游(ゆう)
今は無き「青磁ビブロス」が出していた、雑誌化される前の「b-boy」の記念すべき第1巻から読んでいる、筋金入り腐女子です。
食べることが大好きで、タベログ系のブログ のほほ~んとネコな日々 もあります。游の日常をお知りになりたい方は、どうぞこちらへ♪(…そんな人居ない?)
*Twitter始めました。fukufukunekoで呟いてます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリ



リンク  v(*'-^*)v♪

(リンクさせて頂いた順に並んでます)

このブログをリンクに追加する



Yuu's List

游の所持する、もしくは一時は所持した書籍のリストです。 重複外防止のために作ったデータですので、この2年くらいの間に手放したものもあるし、今はpdfにしちゃったものも含んでます。 (外部HPに飛びます.ご注意下さい)



最近読んだ本

フラフラとネットを渡り歩いていたら、読書メーターなるものを発見。面白そうなのでお試し運用中!

游の最近読んだ本



FC2カウンター



12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 同じ本は何冊も要らない… All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。